債務整理の費用はいくら?【相場が知りたい】

債務整理後のカード使用について

無理な使い方はしないから債務整理後もクレジットカードを利用したい!と強く希望する方は非常に多いのです。

 

債務整理後は、一般的な消費者金融や銀行などでは金銭消費貸借契約を結ぶ事が出来なくなります。

 

任意整理の場合は5年間、自己破産の場合は7年間もの間信用情報機関に、債務整理を行なったという情報が登録されてしまうのです。それでは個人再生は?

 

少なくとも、このくらいの年数は、クレジットカードを発行する事はもちろん利用する事はまず出来ないと考えておくべきです。

 

債務整理後、借金癖の付いている方にクレジットカードを持たせるのは危険です。クレジットカードを使って購入したものを売却し、現金化する事も出来てしまいます。

 

ですから債務整理を行なった後、しばらくの間は借金癖が抜けておらずそういったものを利用して再び借金を作ってしまうケースが多いのです。

 

使うだけ使われて、その分のお金が戻ってこないのではクレジットカードを提供しているカード会社は破綻してしまいます。

 

ですから信用度が低い方は、カード発行で落とされてしまうのです。

 

信用情報機関の事故情報で、その人の信用力をはかっているので事故情報が登録されている方は、その間クレジットカードを持つことが出来ないのです。

 

債務整理を行なった後、信用情報機関への事故情報の登録の目安は5年~7年稀に10年間登録され続けるケースもあります。