債務整理の費用はいくら?【相場が知りたい】

債務整理をした時のデメリットとは?

厳しい事を言うようではありますが、何故債務整理をするのかと言う事を考えましょう。

 

大半の人が返済しきれない債務を抱えた方が債務整理と言うものを行います。債務を抱えた事情は様々でしょうがそれについて任意整理なり自己破産なりを行う方がほとんどだと思います。

 

結論から言うと債務整理と言うものは、任意整理、自己破産等で債務を整理する事すべての総称です。

 

自己破産にも任意整理にもそれなりのデメリットは抱えますが、共通する事は、ブラックリストに載ると言う事です。

 

実際にはブラックリストと言うものは存在しませんが、ローンを組む上で絶対に外せない事として、各金融機関が属する信用情報機関への照会があります。

 

信用情報機関はローン契約が成立した際に債務者への情報が登録され、遅れなく支払っていれば何ら問題はありませんが、遅れ等が生じると、その事も信用情報機関に登録されます。

 

従って債務整理を行った情報と言うのも登録されます。そうなると一般的にはローンを組む事は難しくなります。

 

債務者の遅延や事故情報そのものをブラックリストと言います。

 

話は横道にそれてしまいましたが、100パーセントローンを組む事は不可能とは言えませんが、住宅ローンや車のローン等はほぼ間違いなく組めないと思った方が良いと思います。

 

>>個人再生デメリットはこちら