債務整理の費用はいくら?【相場が知りたい】

個人再生は裁判所に提出した再生計画案が認可されると、借金総額に応じた最低弁済額までに減額され、その借金を3年から5年で分割返済ができる手続きです。

 

原則5分の1までに借金が大幅に減額される。

 

一定の条件さえ満たせばマイホームやマイカーを手放さずに債務整理が出来る。

 

手続きが開始されたら給料差し押さえは出来なくなる。

 

ギャンブルや浪費が借金の原因でも手続きが出来るなどいろいろなメリットがあります。

 

自己破産ではすべての債務の支払いが免除される代わりに、マイホームやマイカーなどの財産は手放すことになります。

 

ギャンブルや浪費が借金の原因の場合は免責不許可事由に該当してしまいます。

 

任意整理では利息制限法に基づいて再計算を行い、払い過ぎていた利息分が戻ってくる、将来利息もカットされますが、個人再生ほどの借金の減額効果はありません。

 

任意整理では債務整理しきれないほどの借金を抱えてしまったけど、大幅に借金が減額されれば返済が続けられるという方に個人再生は適しています。

 

自己破産のほうが任意整理や個人再生ローンよりデメリットが大きいです。

 

ご自身ではどの手続きが適しているか分からないでしょうから、まずは弁護士や司法書士の借金問題の専門家にご相談ください。