債務整理の費用はいくら?【相場が知りたい】

債務整理した後の職探しは難しい?

債務整理をしたからと言って、転職活動に大きな影響を及ぼすことは絶対にありません。

 

理由は簡単で、債務整理をした債務者の情報を就職先の人間が知ることは出来ないからです。

 

債務整理に関して大きな誤解を生んでいるのは、自己破産などに見られるいわゆるブラックリストなどと言った間違った情報だと言えます。

 

結論から言えば、そもそもブラックリストなどと言ったものは存在しません。

 

債務整理をするとこの手段を利用したものが官報に載ることになりますが、それはその人の身分やプライバシーを侵害するような形で掲載されるわけではありません。

 

また、いわゆるブラックリストなどと呼ばれているものは金融機関の信用情報の管理に影響を与えるだけであって、それ以外の情報に関しては全く関係がないと言っても過言ではないのです。

 

お金を貸す金融機関は、信用情報という債務者の債務の情報を管理する機関に照会を依頼することができますので、一般的に言われるブラックリストというのはこの信用情報の事を意味します。

 

ですので、転職活動に関しては全く無関係のことであって、影響を及ぼすことなどはありえません。

 

債務整理は債務を抱えた債務者を救済するための手段であって、罰を与える手段ではないということを知っておかなくてはいけません。

 

任意整理についてはこちら