債務整理の費用はいくら?【相場が知りたい】

まず自己破産について簡単に説明します。

 

自己破産とは、一言で言えば債務をなくす事、多額の債務を背負い、もう返済しきれない様な状態になってしまった時に裁判所に破産の宣告を行います。破産が認められれば債務はなくなりますが、破産による弊害も生まれます。

 

自己破産以外の債務整理の方法ですが、任意整理と言う方法があります。これは債務が膨らみ返済か厳しくなってきたとき、債務者が債権者と交渉して、利息の減免、支払いの減額に応じてもらうと言うやり方です。本来個人で行うものですが、相手がプロであるゆえ、交渉に応じてもらえない事がほとんどな為、弁護士に依頼する人が多いようです。

 

任意整理のもうひとつのやり方として、裁判所に仲介を、してもらうと言う方法があります。民事調停と言って債務者が裁判所へ出向き、債務整理したい旨伝え、それを裁判所から内容証明にて送付、そして裁判所の仲介の元、債務整理を行うと言う方法です。

 

弁護士に依頼すると費用がかかりますが、民事調停だと費用も1万円前後と安くすむことも魅力です。とは言え話し合い当日にその都度裁判所に出向く手間もあることから、費用の面を交渉して、弁護士に依頼したほうが賢明だと思います。